【がん予防になりそうな食品】牛乳は癌予防になる?リスクを上げる?

がん,予防,飲み物,牛乳食事,食品,癌にならない食事,再発予防,フコイダン

 

「牛乳は体にいいからたくさん飲みなさい」と言われて育った世代の人からすれば、牛乳はがん予防にもなりそうな気がしますよね。ただ近年の研究から「牛乳は健康飲料とはいえないのではないか」という報告も上がっています。本当のところ牛乳はがんにいいのか、悪いのか?

 

 

がん,予防,飲み物,牛乳食事,食品,癌にならない食事,再発予防,フコイダン

 

がん予防マスターの管理栄養士 康子が、現在報告されている事実をもとに徹底解説します。


 

 

 

「牛乳は体にいい」という健康神話は崩壊?

 

がん,予防,飲み物,牛乳食事,食品,癌にならない食事,再発予防,フコイダン

 

牛乳といえば、カルシウムやミネラルが多く体にいいと昔から言われ続けている飲み物。ですが近年、その健康神話が崩れつつあります。「牛乳は飲まない方がいいのではないか」という方の主張は主に以下の3つ。

 

 

飼料に含まれるホルモン剤が体に悪影響を与える

乳牛がいつも乳を出しているのはホルモン剤で調整しているから。本来、子供を産み、育てる時だけ出るはずの乳を、人工的に「出産」した時の状態にすることで得たものを飲むのは不自然で不健康ではないかということです。

 

牛乳のカゼインが胃腸に負担をかけるため

牛乳に含まれているカゼインというたんぱく質は消化されにくいため胃腸に負担をかけます。粒子が細かいため、体が弱っている時などは腸壁をすり抜けて血管に入り込み、アレルギーの原因になることも。また、日本人は乳たんぱくの分解酵素を持たない人が多いため、牛乳を飲むとお腹が不安定になる人が多いのです。

 

骨のカルシウムを溶かすリンが多い

牛乳はカルシウムも多いのですがリンも多く含まれています。そのため、牛乳を飲むとリンとカルシウムが結びつき、リン酸カルシウムとなって体外へ排出されてしまうのです。

 

 

がん,予防,飲み物,牛乳食事,食品,癌にならない食事,再発予防,フコイダン

 

以上のことから、牛乳を飲むと胃腸に負担がかかり、時にアレルギーが起こり、さらに骨粗しょう症になるリスクも高まり、体が弱ってがんになるのではということです。ぜんそく、アトピー、大腸炎になる日本人が増えたのは、牛乳や乳製品の摂取が増えたからという意見もあります。


 

 

牛乳とがんに関する研究結果が示す意外な事実

 

がん,予防,飲み物,牛乳食事,食品,癌にならない食事,再発予防,フコイダン

 

牛乳に反対派の意見を裏付けするような研究結果がさまざまな機関から報告されています。

 

牛乳で前立腺がんのリスクが1.5倍に

がんに関する研究では、2008年 国立がん研究センターは「牛乳をよく飲む人は前立腺がんになるリスクが高まる」と発表しました。対象者4万3000人のうち、牛乳をよく飲むグループはあまり飲まないグループに比べ、前立腺がんのリスクが1.5倍になったというのです。

 

牛乳にがん細胞を増やすホルモン?!

さらに京都大学名誉教授 和田洋巳ドクターによると、牛乳・乳製品に含まれる「IGF-1」という細胞増殖ホルモンが、がん細胞の増殖を促してしまうというのです。健康な人にとって「IGF-1」は細胞を元気にして活性化してくれるいいホルモンですが、がん患者には逆効果。実際、がん患者に牛乳・乳製品の摂取を辞めるよう指導した結果、がんの進行が落ち着くことが多いのだそう。

 

 

がん予防のために牛乳は飲まない方がいいの?

 

では、がん予防のために牛乳は飲まない方がいいのでしょうか?難しいところですが、現時点では断言することはできません。乳製品(牛乳に限らず)は大腸がんの予防に効果的という報告もあるからです。また、同じ乳製品の中でも、ヨーグルトやヤクルトなど乳酸菌を含む発酵食品・飲料はいいという意見もあり、専門家の間でも見解が分かれています。

 

詳しいことは今後の研究成果に期待するところですが、管理栄養士としての私の意見としては、がん予防のために牛乳は飲まない方がいいと思います。特に、がん患者さんやがんの再発予防に努めている方は「IGF-1」の影響が心配です。

 

もともと乳製品を摂る習慣がなかった日本人にとって、牛乳を飲まないという選択をすることが健康的な体作りへの第一歩なのかもしれません。

 

 

牛乳に頼らず免疫力をさらに上げるなら海藻「フコイダン」がおすすめ

 

ご紹介したように、牛乳はがん予防にあまりおすすめできないことがわかりました。やはり日本人の体には和食が一番。特に昔から日本の食卓に上がる機会が多かった海藻類はがん対策に非常に効果が高いとさまざまな研究で明らかになってきました。

 

その理由は海藻類に多く含まれているフコイダンとよばれる成分。これががん予防のみならず、がんの治療にも使われるほど効果が高いとされ、注目を集めているのです。

 

がんを予防するためにはモズクを1日1.25パック~2.5パック程度摂るといいようですが、毎日だと飽きてしまいますよね。塩分の過剰摂取やヨウ素の摂りすぎによる甲状腺疾患も心配です。

 

フコイダンを手軽に摂るならサプリメントがおすすめ。現在、複数のメーカーからフコイダンサプリメントが発売されているので興味がある方はご覧ください。

 

がん,予防,飲み物,牛乳食事,食品,癌にならない食事,再発予防,フコイダン

 

参考
国立がん研究センター 乳製品、飽和脂肪酸、カルシウム摂取量と前立腺がんとの関連について
和田洋巳ドクター「がん細胞~牛乳の功罪~」

関連ページ

ワインはがん予防にいいの?
「ワインは健康にい」とよく聞きますが本当なのでしょうか?ワインとがん予防の関係についてご紹介します。