【がん予防になる食品】ヨーグルトはがん予防にいいの?悪いの?

がん,予防,ヨーグルト,食事,食品,癌にならない食事,再発予防,フコイダン

 

テレビやマスコミで毎日のように健康にいいと言われる食べ物が紹介されています。中でもヨーグルトは、「医者が選ぶ体・健康に良い食べ物ランキング」で第2位※にランクインするなど、健康食のイメージが強い食べ物。がん予防に関してはどうなのでしょうか?

 

※医師専用サイト『MedPeer』で医師7万人のお医者さんに行ったアンケート調査「お医者さんが健康のために積極的に食べている物ランキング」を参考にしています。

 

 

がん,予防,ヨーグルト,食事,食品,癌にならない食事,再発予防,フコイダン

 

がん予防マスターの管理栄養士 康子が、公表されている研究データなどを資料をもとにヨーグルトとがん予防の関係についてご紹介します。


 

 

 

ヨーグルトのがん予防効果は賛否両論

 

ヨーグルトとがん予防の関係を調べていると、賛成派と反対派で意見が分かれていることがわかりました。詳しくまとめてみますね。

 

ヨーグルトはがん予防に悪いという意見

 

がん,予防,ヨーグルト,食事,食品,癌にならない食事,再発予防,フコイダン

 

乳糖不耐症の人はお腹が不安定になる

日本人には乳製品に含まれる乳糖を分解する酵素が不足していることが多いため、特に牛乳を摂るとお腹が不安定になることがあります。

 

ホルモン剤、抗生物質や粗悪な飼料による害の影響

乳製品の中には、乳の出をよくするためにホルモン剤を使用したり、抗生物質を与えられたり、魚粉の脂肪など不健康な飼料で育てられた乳牛の乳から作られたものも多く出回っています。これらは当然、私たちの口にも入り、結果的に健康へ悪影響を及ぼすと考えられているのです。

 

がん予防のための食事法のひとつ、星野式ゲルソン療法ではヨーグルトなどの乳製品は禁止されています。日本人は年齢とともに乳脂肪を分解する酵素が少なくなるので、乳製品をすすめないという医師は少なくありません。日本人は古来から乳製品を摂らなくてもがんにならずに生きてきたのに、食事が欧米化したことで消化器系のがんが増えたという意見には一理あります。

 

 

ヨーグルトはがん予防にいいという意見

 

がん,予防,ヨーグルト,食事,食品,癌にならない食事,再発予防,フコイダン

 

腸内環境を整える

ヨーグルトは腸内で乳酸菌を繁殖させるのに役立ちます。乳酸菌が多いと腸内が酸性になり、悪玉菌の繁殖や活動が抑えられ、がんの抑制にも繋がるのです。各種の乳酸菌を含むヨーグルトを摂ることで善玉菌が腸に補給され悪玉菌を抑制できます。

 

ヨーグルトの乳糖は約半分が分解されていてお腹に優しい

牛乳を飲むとお腹が不安定になるという人でもヨーグルトなら大丈夫な場合があります。それはヨーグルトの乳糖は約半分が分解されているから。乳製品の中でもヨーグルトなら食べてもいいと言われることが多いのはそのためです。

 

牛乳に比べ低脂肪・低エネルギー

ヨーグルトは一般的に牛乳に比べて低エネルギーです。乳脂肪も牛乳1食分(200㏄)あたり約7.5gなのに対し、ヨーグルト(100g)は約3gと半分以下。肥満の心配も牛乳ほど高くありません。肥満や脂肪の摂り過ぎはがんのリスクを高めますが、ヨーグルトならそれほど心配はないということでしょう。

 

代表的ながんの食事療法を提唱する済陽医師は、ヨーグルトを1日400~500g、少なくとも300g摂るよう勧めています。ヨーグルトの摂取は腸内環境と整えるだけではなく、胃がんの原因になるピロリ菌の除去にもなると考えておられるのです。ただし、健康的に育てられた乳牛からしぼった乳で作った製品を選ぶことが大切とのことですので、ご注意ください。

 

また済陽医師ほど極端ではありませんが、厳格なこと知られるゲルソン療法でも無脂肪ヨーグルトなら少量とってもいいとされています。いずれにせよ、がん患者さんのようにデリケートな体の方が口に入れるものは、出所がしっかりした安全な食品であることが何より大切なようです。

 

なお、ヨーグルト推奨派の医師も、牛乳は避けた方がいいという意見が多くいます。同じ乳製品でも牛乳とヨーグルトは別物と考えたほうがいいのでしょう。牛乳についてはこちらの記事で紹介していますので参考にしてください。

 

>>牛乳はがん予防になる?がんのリスクを上げる?

 

 

がん,予防,ヨーグルト,食事,食品,癌にならない食事,再発予防,フコイダン

 

私はヨーグルトが大好きで毎日食べているので、お気に入りの銘柄が大丈夫かどうか気になって調べてみました。するとちゃんとトレーサビリティ(追跡可)」のシステムがあることがわかりひと安心。がん予防のために口にするものは、少し高価でも確かな製品を選びたいですね。


 

 

ヨーグルトに加えて免疫力をさらに上げるなら「フコイダン」

 

がん予防に高い効果を期待できるヨーグルト。さらに毎日の食卓に取り入れることで免疫力を強化してくれる食品があります。それが海藻類。なかでもモズクに多く含まれている「フコイダン」という成分はがん予防のみならず、がんの治療にも使われるほど効果が高いとされています。

 

がんを予防するためにはモズクを1日1.25パック~2.5パック程度摂るといいようですが、毎日だと飽きてしまいますよね。塩分の過剰摂取やヨウ素の摂りすぎによる甲状腺疾患も心配です。

 

フコイダンを手軽に摂るならサプリメントがおすすめ。現在、複数のメーカーからフコイダンサプリメントが発売されているので興味がある方はご覧ください。

 

がん,予防,ヨーグルト,食事,食品,癌にならない食事,再発予防,フコイダン

関連ページ

緑茶はがん予防にいいの?
お茶・緑茶はがんにいいとよく耳にしますが本当なのでしょうか?がん予防マスターの管理栄養士 康子が、公表されている研究データなどを資料をもとにがん予防とお茶・緑茶の関係をご紹介します。
ヤクルトががん予防にいい?
ヤクルトはがん予防にいいと言われていますが本当なのでしょうか?がん予防マスターの管理栄養士 康子が、公表されている研究データなどを資料をもとにヤクルトとがん予防の関係についてご紹介します。
コーヒーはがん予防にいい?
近年の研究によりコーヒーのがん予防効果が注目を集めています。以前は飲み過ぎないように言われていた飲み物ががん予防にいいとはどういうことなにでしょうか?がん予防マスターの管理栄養士 康子が、公表されている研究データなどを資料をもとにコーヒーとがん予防の関係についてご紹介します。
野菜ジュースはがん予防にいい?
がんを予防するには野菜ジュースをたくさん飲むといいというのは本当なのでしょうか?がん予防マスターの管理栄養士 康子が、公表されている研究データなどを資料をもとに野菜ジュースとがん予防の関係についてご紹介します。
マヌカハニーはがん予防になる?
マヌカハニーはがん予防や癌の再発予防にいいと言われていますがどうしてなのでしょうか?管理栄養士が徹底的に解説します。
玄米はがん予防にいい?悪い?
がん予防に玄米がいいと言われているのはどうしてなのでしょう?がん予防マスターの管理栄養士 康子が玄米とがん予防について詳しく紹介します。
にんにくはがん予防にいい?
にんにくはがん予防にいい、とよく言われますが、何がどういいのか?どのように調理するといいのか、簡単レシピなどを詳しくご紹介します。
にんじんはがん予防にいい?
にんじんは身近で手に入りやすいうえ、栄養価の高い野菜。抗酸化成分が豊富でがん予防におすすめです。
キャベツはがん予防にいい?
キャベツががんにいいと言われているのはなぜなのでしょうか?キャベツに含まれている抗がん成分やおすすめレシピをご紹介します。
たまねぎはがん予防にいい?
たまねぎの健康効果やがん予防について管理栄養士がご紹介します。
トマトはがん予防にいい?
トマトの健康効果やがん予防について管理栄養士がご紹介します。
ブロッコリーはがん予防にいいの?
がん予防だけではなく、できてしまったがんにも効果があると言われているブロッコリー。その成分や、調理の際の注意点をご紹介
レモンはがん予防にいい?
レモンのがん予防効果やお手軽な使い方について管理栄養士がご紹介します。
りんごはがん予防にいい?
りんごはがん予防・再発予防効果があるのでしょうか?管理栄養士が徹底解説します。
きのこはがん予防にいい?
きのこ類の健康効果やがん予防について管理栄養士がご紹介します。
ノニはがん予防にいい?
ダイエットにいいと一時期、脚光を浴びたノニ。がん予防の効果はあるのでしょうか?管理栄養士が解説します。